資格にも種類がある

女性

ネイルの検定試験とは

ネイリスト検定には、一級、二級、三級の三種類があります。ネイリストとして就職を考えている場合は、二級以上を取得しておいた方が良いです。三級は、基本の確認といった位置付けになります。二級を受験するには、三級に合格しなければなりませんので、ネイリストを目指す方達の最初の関門となります。ネイリストを目指している方だけが受験される訳ではありません。ネイルを趣味とされている方が、腕試しに受験されるケースも多いのです。ネイリスト検定試験は、年に四回行われます。筆記審査、実技審査、事前審査をクリアしなければ、合格する事が出来ません。筆記審査は、基本的なネイルケアに関しての問題だけでなく、爪の病気やトラブルに関しての問題、衛生や消毒に関する問題も出題されます。実技審査は、カラーリングだけでなく、消毒の仕方や、ネイルケアに関しても審査されます。また、ネイルアートの審査もあります。事前審査は、テーブルセッティングに関しての審査です。所要時間は十分です。ネイルを始める前に、準備が出来ているかを審査されます。ネイリスト検定三級の合格率は比較的高い方です。しかし、カラーリングだけでなく、爪に関する知識も必要となりますので、しっかり勉強をしないと合格は難しいです。ネイリスト検定三級の取得は、ネイリストを目指している訳ではない方にも、ネイルに関する知識を深める事が出来る良い機会となります。趣味の幅が広がります。

Copyright© 2018 ネイリスト検定合格への道【サロンへの就職もスピーディー】 All Rights Reserved.